ホーム>デザインアイディア集

デザインアイディア集

玄関

玄関(エントランス)

玄関は住まいの顔でありお客様を迎え入れる場所なので、いつもスッキリとした状態を保てるよう、収納スペースを充実させることを心がけています。
靴や傘などのほか、アウトドア用品やスポーツ用品、ペット用品、認印や筆記用具なども玄関に収納すると合理的な場合があります。
また、お客様迎える演出の場として、花を飾れる場所や、壁面のディスプレイ、飾ったものを照らす照明などもご提案させていただきます。

玄関(エントランス)
number
「旅館のようなイメージで」というご希望で選んだマンションの玄関の内装材。
玄関(エントランス)
number
人感センサーで点灯するようにした照明で壁面のディスプレイを照らして。
玄関(エントランス)
number
玄関の壁は、外装材を使って。花を飾るカウンターは大理石に。
玄関(エントランス)
number
外出の際にさっと持ち出したいハンカチは玄関に引き出しをつけて収納。
玄関(エントランス)
number
スリッパ入れの扉は、室内側から取り出しやすく取り付けて。
玄関(エントランス)
number
靴の脱ぎ履きは姿勢が不安定になりやすいため、手すりを取り付けて。
玄関(エントランス)
number
06の玄関裏側は車椅子でも出入りできるようスロープをつけて。
玄関(エントランス)
number
玄関の裏側にはスーツケースやバーベキューグリルをそのまま収納。
玄関(エントランス)
number
レインブーツや傘の収納扉は、玄関側から取り出しやすい開き勝手に。

リビング

リビング

日当たりの良い場所でゆっくりと読書をしたり、ソファにもたれてお酒を飲んだりと、毎日の生活がもっと楽しくなるような空間のデザインを心がけています。
リビングはテレビなどのAV機器類のほか、本や雑誌、映像・音楽ソフトなどの収納スペースを充実させることによって、すっきりとした空間を保つことができます。小さなお子さんのいるお宅の場合は、おもちゃや絵本のほか、衣類などの収納もリビングに設けると便利です。
壁面の装飾や、間接照明、ホームシアターなど、大人のくつろぎのためのご提案もしております。

リビング
number
ダイニングとスペースを分け、テレビをなくしたライブラリーのようなリビング。
リビング
number
オープン棚、飾り棚、引き出し、開き戸を組み合わせた造作の収納家具。
リビング
number
インテリアに溶け込むよう、本棚の一部を仏壇設置場所としてデザイン。
リビング
number
吹き抜けスペースのダウンライトは、壁面に飾るものの位置に合わせて取付け。
リビング
number
造作家具のテレビボードは、既製品のコーヒーテーブルに色を合わせて製作。
リビング
number
テレビボードには録画機、 CD・DVDソフトや雑誌の収納スペースも確保。
リビング
number
子供のおもちゃはお子さん自身が取り出したりしまったりしやすい引き出しに。
リビング
number
テレビ台、楽譜、おもちゃなどの収納スペースとピアノ置場を兼ねた造作家具。
リビング
number
ピアノを弾く時の照明は、家具のパネルにダウンライトを埋め込んで追加。

ダイニング

ダイニング

音楽を聴きながら食事をしたり、お茶を飲みながらゆったりとしゃべりしたり。家族で食事をするだけでなく、来客の際にも快適に過ごせるようなデザインを心がけています。
また、ダイニングは食事だけでなく、お子さんの勉強や家事スペースとして使うケースも多いので、そのための収納スペースも必要な場合があります。
ダイニング側にせり出したカウンターの上下など、デッドスペースになりやすい場所にキャビネットなどを追加する方法もおすすめです。

ダイニング
number
独立型キッチンの場合は、ダイニングに収納式ドリンクカウンターを設置して。
ダイニング
number
大きなダイニングテーブルは家事デスクも兼ねて、アイロン台を収納式に。
ダイニング
number
ダイニングテーブルの脚の部分には、ゴミ箱やアイロン、リモコンなども収納。
ダイニング
number
ティッシュペーパーはそのまま取り出せるだけでなく、ストックも収納して。
ダイニング
number
ダウンライトと換気扇、スピーカーも天井埋め込み式で、すっきりとした空間に。
ダイニング
number
造作家具で収納スペースを確保し書類や本などを収納。携帯充電用の棚も。
ダイニング
number
収納扉の裏側は、マグネットで貼り付けられるピンナップボードに。
ダイニング
number
ダイニングのカウンター下は、造作家具で収納スペースを確保してすっきり。
ダイニング
number
ダイニングのディスプレイは、内装に合わせて作った木製のオブジェ。

寝室

寝室

寝室は、身体を休め健康を維持するために大切であると同時に、プライバシーを確保する必要がある空間です。
そのため、光、音、温度、外部からの視線をコントロールし、また、掃除がしやすいように家具の配置やカーテンの選定などを工夫します。
寝室の収納は、衣類やカバン、寝具などの収納スペースを部屋ごとに十分確保すると管理がしやすく、季節ごとの入れ替えも不要になります。
客間としても使う和室なら、仕上げ材にもこだわって。

寝室
number
ベッドフレームは造作家具で作り、調光できる間接照明取り付けて。
寝室
number
寝室に設けた引き戸の収納は、テレビ用のアウトレットも家具内部に移設して。
寝室
number
茶室にも使いたいという和室はあじろ天井に。エアコンもビルトインにして。
寝室
number
オーダーメイドのビニルクロスを貼って、絵画のような効果を演出した客間。
寝室
number
柿渋塗りの和紙を貼った客間の押入れ。エアコンはビルトインに。
寝室
number
ヘッドボードとフレーム、左右のナイトテーブルを造作家具で作ったベッド。
寝室
number
フローリングの洋室は置き畳を敷けば客間や寝室にすることもできます。
寝室
number
間仕切戸で必要な時だけ仕切れば、普段は部屋を広く使うことができます。
寝室
number
テレビと壁掛け金物の厚み分、壁を後退させて取り付ければすっきり。

子供部屋

子供部屋

子供部屋は、明るい色使いにするほか、お子さん自身がお部屋のディスプレイを楽しんだり、本やおもちゃ、衣類などを片付けたりできるような工夫を心がけています。
いずれは巣立つお子さんの部屋なので、できるだけローコストな既製品の家具でコーディネートすすることもできますし、長く使えるシンプルなデザインの家具を選び、耐久年数の短いカーテンとベッドリネンでお部屋のイメージを変える方法もおすすめです。

子供部屋
number
ベッドの上部に丸棒を吊ってカーテン用の布をかけただけの簡易な天蓋。
子供部屋
number
お子さんが自由に飾れるディスプレイスペースは、部屋の照明も兼ねて。
子供部屋
number
収納スペースを兼ねた子供部屋のソファコーナー。Rの壁に沿って造作で。
子供部屋
number
曲面のチェストの引き出しには、プリンターや筆記用具などを収納して。
子供部屋
number
マンションの玄関収納裏側にある変形の子供室。家具は造作家具で。
子供部屋
number
子供室の常夜灯を造作家具に組み込めば、手軽に照明を追加できます。
子供部屋
number
壁面にフックを取り付けて、ディスプレイを兼ねた遊びごころのある収納に。
子供部屋
number
窓のファブリックを部屋のアクセントにした子供室。家具はシンプルに。
子供部屋
number
絵本やおもちゃの収納スペースを設けた階段下のキッズコーナー。

書斎

書斎

書斎や趣味のアトリエは、独立した部屋を設ける場合、リビングや寝室の一部に設ける場合など、お客様のライフスタイルや間取りによって様々です。仕事や細かい作業を行う場所では、照度の確保も重要ですし、必要な道具を広げられるデスクや収納スペースも必要になります。
小さなスペースではデスクや本棚を造り付けにすることで空間を無駄なく使うことができます。同時にデスク上にコンセントや照明を取付けるなど、様々な機能を満たす空間作りが可能になります。

書斎
number
ダイニングに趣味の手芸のためのデスクを設けた例。ミシンや材料の収納も。
書斎
number
寝室に設けた書斎。テレビも置いてホテルの客室のようなデザインに。
書斎
number
引き出し内部にコンセントを移設し、収納したまま使えるようにしたプリンター。
書斎
number
寝室の一部に書斎を設けた例。
書斎
number
ベッドスペースとの間は、本棚と飾り棚でゆるやかに仕切って。
書斎
number
デスクを広く使えるよう、照明は棚の下に取り付けて。
書斎
number
家事デスクとしても、ドレッサーとしても使える衣装部屋に設けた書斎デスク。
書斎
number
デスク天板の一部を持ち上げるとアクセサリー収納に。鏡付きで使いやすく。
書斎
number
アイロン台を組み込んだ引き出し。他の引き出しにはアイロンも収納。

キッチン

キッチン

キッチン内は手早く作業できる効率の良さや、清潔に保つための掃除のしやすさを重視したいもの。手の届く範囲に調理器具や調味料、食材を収納すると、無駄な動きが減って快適に調理や片付け作業ができます。
また、キッチンのレンジ台や調理台、シンクなどは使う人の身長に合わせると疲れにくくなります。システムキッチンによるコーディネートも可能ですが、本当に必要な機能だけを盛り込んだオーダーキッチンは、お料理好きの方にも、家事をできるだけ楽にしたい方にもおすすめです。

キッチン
number
一人暮らしの女性のために設計したコンパクトなLDKは無駄を排除して。
キッチン
number
配膳台にもなる一本足のキャスター付きダイニングテーブル。
キッチン
number
壁面はステンレス貼り、ワークトップとシンクは人工大理石で掃除しやすく。
キッチン
number
キッチンの床は、洗剤を使った拭き掃除もしやすい塩ビ素材に。
キッチン
number
ガスのレンジ台は深鍋をのぞいたり、フライパンを振りやすいよう一段下げて。
キッチン
number
調味料やフライパン、蓋はレンジ台の両サイドに収納して取り出しやすく。
キッチン
number
キッチンの大型収納パントリーには分別ゴミやエプロン、買い物バッグも収納。
キッチン
number
引き出し、開き戸付きの棚、扉付き家電収納を造作家具で。
キッチン
number
家電とゴミも扉を閉めればすっきりと隠せます。

お風呂

お風呂

マンション、戸建て共に、昔ながらの在来工法による浴室のデザインを得意としています。ユニットバスのようにサイズやレイアウトの制約がないので、スペースを最大限に生かし、バスタブやタイル、シャワー水栓などのパーツも好みのものを取り付けることが可能です。
浴室の建材は、メンテナンスの不要な材料を使うなど掃除を楽にするご提案もしています。照明は調光できるようにして、暗めの明かりで入浴すると、リラックスでき導眠効果も期待できるのでおすすめです。

お風呂
number
3方向からの介助ができるようにレイアウトしたバスタブは掃除も楽に。
お風呂
number
洗面所からの出入りは床面をフラットにして安全に。
お風呂
number
壁の上部と天井は珪藻土塗り。掃除いらずで、カビも生えない材料。
お風呂
number
タイルは自由に組み合わせられるのも魅力。ストライプで広く見せる効果も。

トイレ

トイレ

トイレは匂いや汚れが気になりやすい場所ですので、匂いを吸着できる建材や、掃除がしやすい床材をご提案しています。
トイレットペーパーの買い置きやタオル、掃除用具など、トイレで使うものはトイレ内に収納スペースを確保するのが基本の考え方です。
またお客様に使っていただく空間でもありますので、小物や植物を飾るなど、快適さも重視。リフォームの場合は、将来の車椅子の利用にも備えてスペースを広く取り、引き戸にすることもおすすめしています。

トイレ
number
車椅子の利用を想定した1坪のトイレ。長いカウンターは手すりとしても。
トイレ
number
人工大理石の一体成型カウンター。床は大判のタイルで掃除をしやすく。
トイレ
number
安全性を確保しつつ手すりを強調しないよう、透明の手すりを選んで。
トイレ
number
買い置きのトイレットペーパーやタオルも引出しに収納して取り出しやすく。
トイレ
number
壁面に取り付けた吊り戸棚はトイレットペーパーの奥行きに合わせてごく浅く。
トイレ
number
洗面所とトイレの間の壁を取り払った一つの空間は一人暮らしにおすすめ。
トイレ
number
洗面との間を仕切った壁の厚みを利用してトイレブラシ収納スペースを確保。
トイレ
number
アートフラワーのアレンジメントを飾れば、メンテナンスいらずで快適な空間に。
トイレ
number
壁面にデザインのあるミラーをとりつければ、空間のアクセントに。

洗面所・洗濯室

洗面所・洗濯室

洗面所は、脱衣室や洗濯機置き場を兼ねることもが多く、窮屈な空間になりがちですが、できる限り気持ちよく身支度できるような空間づくりをご提案しています。洗面台まわりに、ドライヤーや化粧品類、タオルやパジャマなどの収納スペースを、洗濯機まわりには、物干し用ハンガーや洗剤の収納スペースを確保するとすっきりします。
部屋干しは、結露やカビの原因になるため、住まい手の健康に悪影響を及ぼし、住まいの老朽化を早めてしまうので、専用のスペースを設けるか、吸放湿性の高い建材の使用をご提案しています。

洗面所・洗濯室
number
洗面所にはタオルやパジャマを乗せるスライド棚を設けておくと便利。
洗面所・洗濯室
number
お化粧の際の色味を見るため照明は自然光と白熱灯、蛍光灯を組み合わせて。
洗面所・洗濯室
number
使用頻度の高いティッシュペーパーは、ストックを含めて収納式に。
洗面所・洗濯室
number
ゴミ箱も収納式にすると、狭いスペースもすっきり。掃除もしやすくなります。
洗面所・洗濯室
number
既存のユニット洗面台を撤去して、洗濯乾燥機をビルトインした洗面台に。
洗面所・洗濯室
number
人工大理石のカウンターと洗面ボウルは一体成型で継ぎ目がなく掃除が楽。
洗面所・洗濯室
number
既存の吊戸棚と壁の間に棚板とパイプを取り付けたハンガーとタオルの収納。
洗面所・洗濯室
number
洗面所の天井に着脱式の物干し竿掛けを取り付け洗濯物の一時干し場に。
洗面所・洗濯室
number
壁天井を珪藻土仕上げにした、乾燥機いらずの室内洗濯室。物干竿は昇降式。

納戸・W.I.C・押入れ

納戸・W.I.C・押入れ

広いスペースがあるだけでは、物を片付けづらいものです。物を効率よく収納するためには、収納する物のサイズに合わせて可動棚や引き出し、パイプ、フックなどの設置が必要です。
雛人形や着物など、収納する物が決まっている場合には収納する物のサイズに合わせて棚板の幅や奥行きを決めると、効率よく収納することができます。
掃除用具や、消耗品のストック、リサイクル品のストックなど、雑多な物を収納したい場合は、数種類の奥行きサイズの棚を設けておくと、融通が利き収納しやすくなります。
納戸やW.I.C.、押入れの内部をリフォームするだけで収納効率を上げられる場合も多いので、ぜひご相談ください。

納戸・W.I.C・押入れ
number
布団の幅に合わせて作った押入れ。置き畳と座布団の収納スペースも確保。
納戸・W.I.C・押入れ
number
桐たんすをやめ棚板を設置しただけの和服収納スペース。壁天井は珪藻土塗。
納戸・W.I.C・押入れ
number
引き出し、パイプ、棚を設置して洋服とバッグを収納可能に。壁面には姿見も。
納戸・W.I.C・押入れ
number
既存クローゼットの内部に引き出しと棚板を設置し下着やワイシャツも収納。
納戸・W.I.C・押入れ
number
棚の取り付け位置を変え、新たにパイプを上下2段に取り付けて効率アップ。
納戸・W.I.C・押入れ
number
押入れをリフォームした、子供用の衣類収納。左右に開いた扉の裏も収納。
納戸・W.I.C・押入れ
number
3種類の奥行きの可動棚を設置した納戸。手前には掃除機も収納できます。
ページ上部へ